DSC_0443
ちょっと午後に時間を作ったので、のんびりサイクリングを決め込んできました。
今までは、荒サイを彩湖まで、奥武蔵はグリーンラインや、秩父方面まで走ったことがあるのですが、利根川方面はあまり道に明るくないため、避けていました。
今回は、その利根川まで行ってみようということで、走ってみた次第です〜。

DSC_0409
まずは、自宅からほど近い吉見運動公園休憩所。
土日はサイクリストで賑わっていますが、平日は閑散としたものです。ここは写真撮影だけでスルー。

DSC_0412
行きは御成橋や糠田橋に向かわず、荒サイ上流を大芦橋方面へ。どちらが渡りやすいのか、検証するためです〜。

DSC_0414
結論として、渡りやすいのは大芦橋ですかね〜。渡った先も田舎道なので、怖いところが一切ありませんでした。しかし、その場合は結構な遠回りに…。ううむ。

DSC_0415
大好きな荒川の風景。天気予報は曇りでしたが、そこそこ青空も出て、気持ち良く走れています。

DSC_0418
大芦橋を抜けると、さきたま緑道方面(北坂戸駅方面)へ向かうのですが、道を間違えてしまい中山道を吹上駅近くまで走ってしまいました。これは結構ロスしたなぁ。でも、中山道の石碑で撮影〜。

道を戻って、国道17号を渡り、さきたま緑道へ入りました〜。
DSC_0420
初めてのさきたま緑道でしたが、歩行者と自転車で分けてあるのはいいですね(ある程度の歩行者が自転車ルート歩いていましたがw)。
石畳っぽい舗装が多いので、ロードバイクの振動吸収性をリアルで検証できそうな感じで。気分はクラシックですかね〜。
なお、ある程度農道も横にあったので、そちらを走ったほうが快適な場合もあるかも。

DSC_0421
そうこうしている間に、さきたま古墳公園に到着〜。
さきたま緑道に入ってから4kmも走っていないような…?ということで、看板だけ写真撮影して次に行きますよ。

DSC_0423
さきたま古墳公園は、このように走りやすい道なのですが、そのまま行っても利根川に行きにくいみたい。
ということで、仕方なく武蔵用水の横を走りますが、工事しまくりで走りにくいったらありゃしない。
やむを得ず、狭い県道を走りますが、狭い上に交通量が多く、ダンプなども走っているため危険です。できればもう通りたくないルートだな。
そんなこんなしている間に、利根川に到着しました。

利根川サイクリングルート右岸を走っていると、なんだかサッカー場のような場所に到達します。
そう、そこが今回の目的地、赤岩渡船です!
DSC_0428
赤岩渡船は、県道83号線で、れっきとした県道渡船。利用は無料です。
利用時間は、8時30分〜17時まで(冬季は16時30分まで)で、天候などにより欠航があるそうです。
欠航している場合は、群馬側に赤い旗が掲げてあるそうですが、この日は見えなかったのでOKぽいです。

DSC_0430
埼玉側から「乗りたいよ」と意思表示する方法は、黄色い旗を「船頭さんが気づくまで」掲げるというもの。
気づいたかどうかは、渡し船が動くことで判断します(動いたら旗は下げます)。
私の場合、気づいてくれるまで10分近くかかりました…w

DSC_0432
DSC_0434
赤岩渡船の船着場。なにもありません。まぁ、観光船ではなく、あくまでも実用的な県道扱いなので、こんな感じなのかなと思います。

DSC_0437
渡し船が、私を乗せるために来てくれました。ありがとうございます〜。

DSC_0438
船は、けっこう小さなもので、乗員は22名(旅客20名)までだそうです。自転車がある場合は、もっと減るでしょう。

渡船の様子をXperia Z3Cで撮影してみました。

乗船している時間は約4分という短いものですが、海なし県に住んでいると、そもそも船に乗る機会が無いので、新鮮で楽しかったです〜。

DSC_0443
乗船後の満足の1枚。こういった写真も、埼玉県ではなかなか撮影する機会無いんだよなぁ。
(彩湖とか?)

DSC_0444
群馬側から見た、赤岩渡船の船着場です。群馬側では、小屋に待機している船頭さんに直接声掛けすることで、乗船できるそうです。

DSC_0445
ということで、群馬県(のはしっこ)に到着です〜。と、目的はここまでなので、帰路につきます。
しかし、5分とたたずに「乗船したいです」は気が引けるので、帰りは利根大堰を通って帰ります。

DSC_0449
しかし、この利根大堰、とにかく狭い!
交通量が非常に多いため、車道は事実上通行できません。(大型もかなり通る+車道もギリギリ)
かといって、車道が危険なため退避する歩道も狭すぎて危険です。前から自転車や歩行者が来たら、すれ違えないぐらい狭い。
ここは通るものじゃあないなと確認。

DSC_0452
DSC_0453
埼玉側の利根大堰下には、サイクルステーションがありました。無料休憩所兼レンタサイクル貸出所みたいです。
今回は用事もなかったですし、休憩の必要もなかったので写真だけ撮影してみました〜。

帰りは武蔵用水の工事区間はさすがに通りたくなかったため、近くの農道を走りました。結果、緑のヘルシーロードを経由して古代蓮の里という場所に到着しました。
DSC_0455
DSC_0456
このあたりで水切れを起こしていたので、ここで水分補給休憩。
ダイドーの炭酸ゼリー、美味しかったなぁ。2回買ってしまいましたw
ボトルには水を補給して、帰ります〜。

しかし、ここからさきたま緑道へ抜ける道は微妙にわからず、少し道に迷いながら帰りました。
また、北鴻巣駅近くからの、糠田橋経由で帰ったのですが、駅周辺(特に糠田橋からさきたま緑道へ)の安全ルートがイマイチ開拓できていない感じで、消化不良ぎみ。

まぁいくつか微妙なところはありましたが、楽しいライドでした〜。
今後の課題は、
・糠田橋からさきたま緑道への安心安全ルートの開拓
・さきたま古墳公園から利根川への安心安全ルートの開拓
この2つですかね!
それと、利根川周辺の食事も重要!
でも、それは大泉でのブラジルご飯でいいのかな?