DSC_0210
2015年6月7日(日)、関東ももうすぐ梅雨かなという、サイクリストにとって最も走りやすい時期に開催された、奥武蔵自転車旅行社さんの「奥武蔵ヒルクライム」初級編「はじめてのヒルクライム」に参加してきました〜。

今まで、同社のイベントは、グルメやロングなど参加していましたが、ヒルクライムは避けていました。それはなぜか。「ヒルクライムが嫌い」だからです。
だって、上れないんだもん。キツいし。

しかし、友人のW氏が申し込んだよということなので、私も参加することにしました〜。

IMG_3597
前日の天気予報では曇りだったのですが、当日は気持ちよく晴れております。
湿度も低く、じめっとしていないのでとっても走りやすい気候ですね。まるで、日本ではないような感じさえします。

DSC_0161
午前8時すぎに、集合場所の「ニューサンピア埼玉おごせ」に到着しました。すでに他の参加者の皆さんは居ましたので、私がほぼ最後ぐらい!?

BlogPaint
ブリーフィングをしたのちにスタートです。やや?ロングライダーのO氏や、飛ばし屋のT氏が居るじゃあありませんかっ!参加するイベント間違えてはおりませんか?

BlogPaint
スターとする直前に、みんなで記念撮影!
これからヒルクライムですが、不思議と緊張感はありません。

さて、「ニューサンピア埼玉おごせ」をスタートしてしばらくすると、最初のヒルクライム「あじさい街道ヒルクライム」がスタートします。
ヒルクライムといっていますが、平均斜度3%なので、今後の坂に続くためのウォーミングアップととらえたほうが良いでしょう。

道中の写真は撮影していませんが、勢い良く飛び出した何人かについていく感じで行ったら、平均25km/hという超ハイペース(ワタシ的に)。ああ、無理無理。
こういう、だらだら負荷のある道、嫌いですわ。ということで、後半はウォーミングアップしましょうというペースで走りました。
しかし、この坂のおかげで、他の坂で気持ち悪くなることもなくなるんですよね〜。


BlogPaint
あじさい街道ヒルクライムのゴール地点で、「余裕だったよハッハッハッ」な顔のW氏とT氏が鬼にしか見えません。バイクも赤ベースだし、鬼ベースだよね。絶対。T氏は、「はじめてヒルクライムはロード出す必要ないよね」と舐めきった発言すらしているかもしれませんが、言い返す余裕は…ゼロです。
いや、何に乗っててもいいんです。楽しければ!
いや、いいんですよ。ここ、ウォーミングアップだから。心拍上げて、次のための準備運動なんだからねっ!

DSC_0176
あじさい街道は、まだあじさいは咲き始めなので、あと1週間ほどすると綺麗な街道になるのかなと思います〜。梅雨の合間に見に行こうかな。


DSC_0181
次は龍穏寺ヒルクライムです。ここは、最初が緩く、じょじょに斜度がキツくなるコースですね。
最初にキツイ斜度が来るよりも、初心者向けの仕様だと思います。(最初にキツイと心折れるじゃん…)
もう、鬼と競うのはやめて、マイペースで走ることに徹しました。ほら、周りの雰囲気や、匂いを感じつつ、森林浴しながらゆっくり行こうよ、ということで、まったりペースで走って行きます。
しかし、後半は流石に斜度があるので、休むダンシングの良い練習になりました〜


DSC_0183
DSC_0187
DSC_0188
DSC_0192
DSC_0193
DSC_0196
DSC_0197
DSC_0200
DSC_0203
DSC_0207
ここ、龍穏寺は、15世紀に時の将軍足利義数が、先祖や戦乱で亡くなった霊を弔うために創立されたそうです。しかし、すぐに焼失し、太田道真、道灌親子が再建しているとのこと。
歴史を感じる、趣きのあるお寺でした。
こういう雰囲気、好きだな。
さてさて、引き続きヒルクライムですよっと。


DSC_0211
きたよ、きちゃったよ。有名な黒山三滝。
ここも、ヒルクライムでは結構有名らしい。距離は700mと短いですが、斜度が6%となかなか歯ごたえがあるようです。
しかし、この日は観光客も多いほか、道も狭いので、普通のグループ走行をしました。
やっぱね、ペースを上げないグループ走行は楽しいですね。競争よりも、平和なんですよ、きっと。


DSC_0236
DSC_0242
DSC_0243
黒山三滝はその名の通り、3つの滝で構成されている観光地です〜。
この日も、多くの観光客と、サイクリストで賑わっていました。滝、いいですよね。落ち着くなぁ。
荒んだ心も、清らかな気分になるかもしれません。
でも、ちょっと腹減った。。

ということで、お昼です〜。
当初行く予定だった「花菱」さんは、すでに満席だったそうなので、近くにある「甚五郎」さんへ行きました。
ここは、サイクリストであれば100円引きというサイクリストにとっても優しいお店なのです。
DSC_0248
私が食べたのは、「冷や汁うどん」700円(100円引き済み)。その名の通り、冷や汁にうどんが入っているそのままなうどんでした〜。しかし、今日は暑かったので、冷たいおうどんがとーっても気持ちよく食べられました。


DSC_0254
さて、食事も済んで午後の部ですかね〜。
今日のメインディッシュとも言える「大クスヒルクライム」に挑戦です。ここは、最初は大したこと無いのですが、最後に斜度15%が出てくる、脅威の坂だったりします〜。
うん、がんばろう!
日差しは、とても強いのですが、まだ夏の日差しとは違い気持ちいい暑さです〜。


DSC_0268
ヒルクライムしていると、なんと馬と遭遇〜。自転車と馬の共通点。そう、軽車両同士なのです。
先頭を引いているのは、コリーかシェルティかと思われる犬ですね。おとなしく馬を引いていました。
こういうのに出会えるのは、楽しいですね!


DSC_0275
最後の激坂もなんとかクリア!ダンシングだけではクリアできず、最後はへろへろになりながらシッティングで上りました。なんとか15%の激坂をクリアできて良かった〜。
やはり、距離が短いのはありがたい。これが1kmありますよだったら、絶対挑戦しませんもん。


DSC_0281
DSC_0282
オークス…ではなく、大クスです。上谷(かみやつ)の大クスは、埼玉県で最も大きい木で、樹齢1000年以上だそうです。
ちなみに、全国では16番目に大きな木だそうです〜。
木の近くにいけるウッドデッキに行ったら、ひんやりした気持ちいい風を感じました〜。

さ、お次は大附みかん山です。
DSC_0290
と、その前にオプションで激坂攻略だそうですよ。斜度22%の坂を上りましょうという、なんですかね、初心者イベントじゃないんですかね。と、疑問に思わざるをえない素敵オプションです。
当然、私は…華麗にスルーしまして、オプション無しを選択しました。オプション激坂には4名挑戦しましたが、全員足つき無しで上れたそうです。特に、赤い小径車に乗っているT氏はフラペなのに、一気に加速して上ってしましました。
次元が違う…フリーザの前に居るネイルさんの気分です。。

DSC_0293
DSC_0297
「激坂…?なにそれ、何語?」な私は、普通のルートを走ります〜。廃道なりかけっぽい、雰囲気のある道で楽しかったなぁ〜。
あそこはまた走ろう(決定)。
となんとかしている間に、大附みかん園に到着しました。この日は空気も澄んでいて、目視ではスカイツリーも見えましたよ〜。流石にスマホのカメラではとらえられませんでした。。orz
でも、ここからスカイツリーを見たのは初めてなので、とても得した気分です。


DSC_0301
DSC_0306
さらに、みかん園から嬉しいサプライズが!
天然のびわの実と、桑の実ジャムの差し入れです。嬉しい〜〜!
桑の実ジャムは初めて食べましたが、適度な酸味があって美味しいですね!

DSC_0310
せっかくなので、ジャムを1瓶(300円)買いました。
近日中に食べてみようと思います。楽しみ〜〜

と、グルメしている場合ではありません。
最後の最後にオプションの坂があるようですよ!弓立山の途中までクライムです。
まぁ、弓立山は行ったことがあるので、余裕をかましてOKしましたよ。

DSC_0313
DSC_0314
撃沈しましたよ。
巨大なアロエしか記憶に無い様子ですw


BlogPaint
そんなこんなで、ゴールの「ニューサンピア埼玉おごせ」に到着です。
結局、W氏、O氏、T氏という3鬼には全く追いつけませんでしたが、マイペースで走ることができて楽しかったです〜。
越生(おごせ)方面はあまり開拓していないので、とても新鮮でした。やはり、知らない場所を走るのは楽しいな〜。とても充実した1日でした。
そして、この後温泉に入って、自転車談義をしたのは言うまでもない…


DSC_0319
DSC_0320
ちなみに最後は、越生のお豆腐屋さん「藤屋」さんでざる豆腐を購入しました。
このブログを書き終わったら、食べる予定です。楽しみ!

とても、楽しい1日でした。初心者にも優しい、スポーツではなく、小旅行なヒルクライムは私に合っているようで、とっても満足でしたよ。
安心安全ルートや、初心者に優しいヒルクライムを提案して下さった、奥武蔵自転車旅行社さん、それと参加者の皆様、本当にありがとうございました。
また、参加したいと思います〜。


関連リンク:奥武蔵自転車旅行社