P8300581
きっかけは単純なものでした〜。
最近腰の具合も良くないし、8月最終の土曜日あたりに、草津温泉日帰り行こうかな。とFBでつぶやいたのです。
すると、サイクル仲間に、「せっかくだから渋峠登っちゃおう」という誘惑のコメントが〜。

しかしながら、調べてみると噴火警戒レベルが上がっているため、該当コースは今年の5月より通行止めになっているようではないですか。
う〜ん、無理かな。とTwitterにて「渋峠」で検索してみると、「明日(土曜日)は天気が持てば渋峠挑戦しようね〜」みたいなツイートがあるではないですか。

再び調べてみると、

8月5日から終日通行止めとなっていた国道292号(志賀草津高原ルート)万座三叉路〜殺生河原間は、8月7日(木)から昼間(8:30〜17:00)の通行止めが解除され、志賀高原から白根山・草津方面へのアクセスが可能となります。
引き続き、毎日17:00からの夜間は通行止めですので、志賀高原から白根山及び草津方面への通り抜けはできません。

とのこと。つまり、8月から限定的に通行できるようになっているではないですか!
日本一標高の高い国道へ挑戦できるではないですか〜!
「ゆるい」らしいので、私はサイクリング気分で出かけたのでした。

8月30日(土)、車でまずは群馬県の渋川へ行き、永井食堂で食事。その後草津を目指します。
途中の道の駅など気になる施設はたくさんあったのですが、「サイクリングするからガマンガマン…」とスルー。あれ?温泉ではなくって、サイクリングがメインになっていますぞ?

当の草津〜白根山ルート(国道292号線)は自動車で何回か登ったことがあるので、道は覚えています。
しかしながら、そんなに緩いルートだったかなぁ(勉強せずに挑戦♪)。

P8300553
草津へ行く途中は、このような素敵な道を〜。自転車で走りたい〜〜!

P8300560
目的地に着いて、自転車を降ろします。愛車はいつもの「GIANT ESCAPE RX3(2013)」ですね。
SPDのビンディングに、ハンドルもできるだけ下げている巡航仕様です。リアのスプロケット(後輪に付いている歯車)も12-25の8速平地巡航仕様。まぁ、ゆるいらしいのでなんとかなるべ。

さて、白根山を登っていきますよ〜。
ルートはこんな感じ。

なお、このルートや斜度を知ったのは、走行後でございます。

ここからは余裕がなくなるので撮影無しで。

まず、登り始め。
うん?あれ?以外とキツくね?
なお、私のゆるいは4%ぐらいです。あしからず。
GARMIN先生のような斜度計も無いし、前に購入したアナログ斜度計もつけていないので正確な斜度は不明ですが、10%は無いけれども、これ確実に5%超えしているよね。。

まぁ今回は競技ではないので、時速8km/h〜10km/hぐらいでのっそり登っていきます。
ギアは、フロントロー(28丁)、リアは軽い方から3枚目ぐらい。
実はもう1段ぐらい重くできたのですが、8月頭に交換したワイヤーが伸びているようで、トルクをかけると滑るんです。ということで、ちょっと軽めにくるくる回していきます。

景色はね、見事なものでした。
残念ながら、天気は曇り。かろうじて雨が降っていないのが救い。
ただ、森林が高山植物へ変わっていく変化を目の当たりにしながら登っていきます。自動車はやや多いものの、みんな軽く避けてくれるので助かります〜。

しばらく「ハァハァ」しながら登って行くと、後ろからロードバイクが!
「こんにちは〜」
と挨拶をかわしつつ、ロードが颯爽と抜いていきます。
いいんだ。こっち、クロスだしメタボだし山嫌いだし。いいんだ。

もう、4台か5台のロードバイクに抜かされたでしょうか。
P8300581
白根山の臭いエリアに入ります。
ここは殺生河原と言い、硫黄ガスが吹き出している関係上、駐停車禁止エリアとなります。
うーん、自転車通行OKだけれども、息止めて走れんぞ。
仕方ないので、臭いエリアはできるだけ息しないように登ります。幸い臭いエリアはそれほど長距離ではなく、せいぜい100m無いぐらいなので、さっくり通過しましょう。

それにしても、ここの国道。
激坂は無いけれども、距離が、な、長い。

途中、見晴台のような駐車スペースにはさきほど私を抜いていったロードバイクの人々が休憩しています。
私は、足を着かないことを目標に、無休憩で登っていきます。そういえば、なんで足を着かないことを目標にしたんだろう…?
サイクリングなんだから、足着いてもいいんじゃね?と、いまさら。

P8300563
延々と登っていると、目の前に白いガスが。これは、雲ですね。標高が高いので、雲も目の前にまいりまーす。
そのため、景色はほぼゼロ。
白い視界のなか、ストイックに登っていきます。足を着くもんかという一念で。
この辺になってくると、お尻が痛くて泣きそうに。最初はレーパンのパッドズレかなと思ったのですが、そうではない様子。
どうやら、脚の付け根。おしりの筋肉あたりが悲鳴をあげているようです。もう、痛くて痛くて。
サイクリングなのかトレーニングなのかわからないことを楽しむ余裕すらありません。
ただ、山頂に向かう、足を着かない。それだけ考えてこぎます。
あ、ちなみに、この辺になるとインナーローです。巡航スプロケットにしていた自分を恨みます。
実は前日、ヒルクライム用スプロケ(11-32)にしようかなと迷ったのです。変えておけば良かった。。


P8300565
P8300566
P8300567
後ろにロードの人が写っていますが、決してヒルクライム大会ではありません。
そう、途中で休憩していたロードの方々が私を抜いていく、それだけでございます。
合計3回、同じ人に抜かされました。ええ。

私もお尻が痛くて、薄ら笑いしながら登っております。。


山頂。1時間20分ぐらいかけて山頂に到着です〜。
山頂にはレストハウスがあるのですが、噴火警報レベルの関係上封鎖されていました。うう、残念。
実は、もう6kmほど走ると、「日本国道最高地点」の石碑があるそうなのですが、事前学習を全くしていない私はそんな知識も当然ゼロ。
終わりだと思って引き返してしまいました。非常に残念でございます。

下りはあまりの寒さに手が痛くなってしまったため、途中で回収してもらいましたとさ〜。

とりあえず、白根山ルートは足を着かずに登れた!
が、お尻が痛くて、自転車を降りると倒れそうに!そしてあまりの痛さに屈めない。。うーん。
とりあえずお風呂!ということで一目散に「大滝乃湯」へ行った私でしたとさ。

今回の反省点
・事前にコース学習をしなかった
・ウォーミングアップせずに登った
・寒かった(夏装備)
・お尻が痛くなって地獄をみた
・平地巡航用スプロケットだった

反省点ばかりですねw

ここから後日談。
あとで調べると、ここのコースは有名なヒルクライムイベント「ツール・ド・草津」のコースみたいですね。
そこで、コースマップを調べてみます。
クリップボード01

少しわかりにくいですが、コースで太い線で書かれている場所。
ここは8%ほどの坂だそうで。
平均6.2%…。距離12km…。

…私のマックスが、定峰峠が平均5%だったので、なんとかかんとか定峰以上の峠をクリアしたことになります!
なお、ずーーっと上りが続くため、走りながらの休憩がなかなかできない峠かなという印象も。

私の個人的感想としては、激坂も無く比較的走りやすい峠(山)ですね。
しかしながら、リベンジはロードバイク買ってからでいいかな。クロスバイクではきついっす。